リゾートバイトに女性1人で参加しても大丈夫?事前にこれだけはチェックしたい4つのこと


Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ga6h8je3gfx/resort-baito.co.jp/public_html/wp-content/themes/ponstaff/content-experience.php on line 15

 

リゾートバイトは、親元や知人から離れて知らない土地で働くことが多いため、住み込みでのリゾートバイトの安全性を心配される方も少なくありません。なかには、周りから反対されるケースもあるかもしれません。

そこで、リゾートバイトは女性1人でも大丈夫なのかどうか、心配なく安全にリゾートバイトで働くための注意点について解説いたします。

 

リゾートバイトは女性1人の参加も多い

リゾートバイトは、シーズン中のスキー場や海リゾート関連のほか、観光リゾートのホテルやレストランの仕事が多くなっています。男女問わず働きやすい職種が多いため、女性でも気軽に参加できます。友だち同士での参加よりも単身の方が多いのが現状です。

また、リゾートバイトへ来る人は接客業経験者がほとんどで、基本的に人とのコミュニケーションを取るのが好きな人が多いようです。そのため、1人で参加しても寂しい思いをする心配は少なく、むしろ同じ境遇の仲間と仲良くなり、新たな親友ができるかもしれません。

 

リゾートバイトに女性1人で参加する時の注意点

女性1人でリゾートバイトに参加するにあたって、安全面などの不安を取り払うために、以下の4つは事前に確認しておきましょう。

 

1.勤務場所から寮までの道を確認しよう

リゾートバイトは、夜遅くに勤務が終わることが多く、勤務場所から寮までの帰路環境には注意が必要です。リゾート地は都会と異なり、電車やバスなどの公共交通機関が乏しいだけでなく、夜になると周りに外灯が少なく、真っ暗になってしまう場所もあります。車通勤や寮までの送迎がなく徒歩で帰宅する場合は、なるべく勤務場所から寮までの距離と明るさなどの安全性を確認しておきましょう。

 

2.男女で区分けされた寮を選ぼう

リゾートバイトの職場によって、寮を男女別の棟に分けている場合もありますが、なかには同じフロアの場合もあります。男性と同じ寮に抵抗があるという方は、あらかじめ男女別の寮を用意している職場を選ぶと安心です。

 

3.先輩女性が定着している職場を選ぼう

住み込みで働く女性の勤務が定着している職場なら、安心感があります。先輩女性の存在は、勤務先に慣れない期間の不安の解消や、困ったことが起こった時に相談することもできるかもしれません。

 

4.近隣にコンビニやスーパー等があるかを確認しよう

勤務先や寮の近くに、夜間も開いているコンビニやスーパー、ドラッグストアがあるかどうか、確認しておきましょう。特に車を持っていかない場合は、ちょっとした買い物でも数十分かけて歩かなければいけないケースが多いです。もし、近隣に無い場合は、ティッシュペーパーなどの生活用品や、常備薬、食料品などを多めに用意していきましょう。

 

 

リゾートバイトに1人で参加することは、休日に誰にも気を遣うことなく自由に過ごせるというメリットがあります。いっぽうで、安心して勤務を続けるために注意しておきたい点もあります。安全性をしっかりと確保したうえで、勤務先の仲間と上手に付き合うことで、リゾートバイト生活を楽しむことができるでしょう。