スキー場でのリゾートバイト、持ち物は何を用意すればいい?


Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ga6h8je3gfx/resort-baito.co.jp/public_html/wp-content/themes/ponstaff/content-experience.php on line 15

スキー場でのリゾートバイト、持ち物は何を用意すればいい?

リゾートバイトの職種はたくさんありますが、その中でもトップクラスの人気を誇るのがスキー場スタッフです。
スキーやスノーボードが好きな方はもちろん、雪が好きな方や青春のような思い出が作りたい方にも人気があります。
たくさんのお楽しみが詰まったスキー場でのバイトですが、気温や環境を甘く見てはいけません。

スキー場では、急に吹雪になったり、気温が氷点下続きであることは当たり前。
このような環境に合わせた服装や持ち物を用意しておかないと、満足に働くことはおろか生活することもできません。
リゾートバイトで楽しい思い出を作るためにも、必要な持ち物をきちんと用意しておきましょう。

スキー場でのリゾートバイトで必要な持ち物

 

バイトをする時に必須な持ち物

スキー場でバイトをするにあたって必要な持ち物は、業種によって大きく異なります。
たとえば、スキー場に隣接している宿泊施設のフロントで働く場合は、白いYシャツやローファーが必要です。

ただし、スキー場のリフト係として働く場合、Yシャツやローファーは不要で、スノーブーツやニット帽などの防寒アイテムが必須となります。
このように同じスキー場でも配属先によって持ち物が大きく異なるので、バイト上で必要な持ち物に関しては事前にきちんと問い合わせておきましょう。
また、スキー場で働くのであれば、ホテルフロントでもリフト係でも必要なのが日焼け止めとサングラスです。

少しの間でも外に出ると、雪の照り返しによって多くの紫外線を浴びてしまいます。
外出するときには日焼け止めをしっかりと塗り、スポーツタイプのサングラスをかけると安心です。

 

バイト以外の時間で使う必須の持ち物

リゾートバイトは住み込みがメインなので、バイト以外の時間もたくさんあります。
もちろん休みの日もあるので、趣味のスキーやスノボを楽しむことも可能です。
そんなときに必要になるのが、スキーウェアやスキー板など。レンタルを利用することもできますが、自分のもののほうが滑りやすいという場合はバイトが始まる前に郵送したり、持参したりするようにしましょう。
また、休日用に着る洋服や下着類も必須です。バイトの寮で洗濯できるケースがほとんどなので、上下各3着程度を用意しておけば十分でしょう。

これに伴い、洗濯洗剤やハンガーなども持参することをおすすめします。
さらに、部屋で過ごすときのルームウェアやお風呂の際に使うバスタオル、お風呂用品(シャンプー、ボディーソープ、ドライヤー等)、洗顔類なども必要です。

 

あると便利な持ち物

リゾートバイトに行くときの荷物は、なるべく少なく身軽がいいという方は多いでしょう。

しかし、持ってくればよかったという後悔は避けたいもの。
荷物にまだ余裕があるという場合は、あったら便利かもというアイテムも持っていきましょう。
屋外でも屋内でも着られる厚手のフリース、ブランケット、加湿器、電気ポット、保温性の高い水筒、部屋用スリッパ、カップラーメン等があるといざというときに役立ってくれることがほとんどです。
スキー場では食料品が一般よりも割高になることもあるので、小腹が空いたときに食べられるお菓子類もいくつか持っていくとバイト中の節約につながりますよ。

リゾートバイトのおすすめ仕事3 レストラン・飲食店スタッフ
リゾートバイトで働く際、慣れるまでは気疲れしたり緊張したりすることもあるでしょう。
しかしそんな時、普段から使い慣れているアイテムに囲まれることで、安心や落ち着きを感じることができます。
楽しくリゾバに励むためにも、持ち物の用意や確認はしっかりと行いましょう。