飲食店でのバイトに向いている人は? どんなスキルが身につく?

飲食店でのバイトに向いている人は? どんなスキルが身につく?

飲食店のバイトは、バイト初心者でもチャレンジしやすく「学生時代に一度は経験したことがある」という人も多いと思います。そんな飲食店のバイトに向いている人とは、どのような人なのでしょうか?
今回の記事では、飲食店のバイトに向いている人の特徴や、身に付くスキルについて解説します。

飲食店のバイトに向いている人の特徴とは?

・細かい気配りができる人
ホール担当者はお客様が来店したら、言葉遣いや態度に気を配りながらお客様の様子を伺います。
お客様の目線や仕草から要望を汲み取り、満足して帰ってもらえるように配慮しているのです。
また、キッチン担当者の場合も「手早く調理を行い、料理を温かいうちに出す」「食材を盛りつける際は、食べやすいように配置を考える」といった細やかな気遣いが大切です。
そのため、細かいことによく気付き、心配りができる人は飲食店でのバイトに向いているといえます。

・人とコミュニケーションを取ることが好きな人
飲食店ではお客様と会話をする機会も多く、「コミュニケーションを取るのが好き」という人は飲食店バイトに向いているといえるでしょう。
また、飲食店を営業するには、スタッフ同士のコミュニケーションも重要です。
ホールとキッチンのスタッフ間でコミュニケーションがばっちり取れていれば、ピークの時間でも連携しながらテンポ良くお店を回していけるので、スムーズに営業ができます。

・体力があり、体を動かすのが好きな人
飲食店は立ち仕事のため、体力がある人や体を動かすのが好きな人に向いている仕事だといえます。
ホールはお客様にサービスをしたり、料理や食器を運んで歩いたりと笑顔で動き回ります。
キッチンの場合も厨房にいる間はおいしい料理を作り、お皿をきれいに洗うなどしますから、体力に自信のある人なら楽しく働けるでしょう。

飲食店のバイトで身につくスキルは?

・コミュニケーション力
飲食店で働いていると、お客様やスタッフとコミュニケーションを取る機会が多いので、コミュニケーションスキルが身につきます。引っ込み思案だった人が、飲食店のバイトを経験することで自信がつき、積極的にコミュニケーションが取れるようになったケースも多いのです。
また、リゾートや観光地の飲食店でバイトをする人の中には、外国人観光客とコミュニケーションを取るため、英語を勉強して話せるようになったという人もいます。

・メンタルが強くなる
飲食店のバイトを続けていくといろいろなことを経験します。
中にはクレーム対応などの大変な経験をすることもあるでしょう。しかし、そういった経験を重ねていくと、打たれ強くなっていきます。
また、お客様に「ありがとう!」「美味しかった!」と感謝されたり、スタッフや店長に褒めてもらえたりすることで、自分に自信がつきます。
自己肯定感が高まることで、どんな物事にも前向きに取り組めるようになるのです。

メリットも多い! 飲食店バイトにチャレンジしてみよう

たっぷり稼げるリゾートバイトでも裏方仕事がたくさん!
飲食店のバイトは全国各地で募集されていますが、「より多くの人と関わる仕事がしたい」「にぎやかな飲食店で楽しく働きたい」という人は、リゾート地の飲食店でバイトをするのもおすすめです。
リゾート地にはレストランやカフェなどの飲食店が多く、いつも住んでいる場所と違った景色を楽しみながら働けます。
さらに、さまざまな場所からバイト仲間が集まってくるので新しい出会いもありますよ。普段と違った経験がしたい人は、リゾートの飲食店バイトにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?