リゾートバイト初日! 印象の良い挨拶のポイント3つ

一人でリゾバに挑戦! 一人リゾバのメリットや魅力について

リゾートバイトの初日は、新しい土地で働くことへの不安や期待でドキドキしますよね。
緊張しすぎて、うまく挨拶ができないという人も多いのではないでしょうか。
リゾートバイトは短期契約の人が多く、新しい人が次々と入ってくるので、最初の挨拶をないがしろにすると同僚の輪に入っていくのが難しくなります。
初日の挨拶で良い印象を与えられたら、いいスタートが切れますよ。
今回は、印象の良い挨拶のポイント3つをご紹介していきます。

 

印象の良い挨拶1.大きな声で

小さな声でつぶやくような挨拶をしても、相手に聞こえなければ意味がありません。

特に最初の挨拶は、相手に伝わるようはっきり聞き取れる大きさの声を意識しましょう。
ただし、大きすぎる声は相手に威圧的な印象を与えてしまう場合があるので、普段の話し声より少し大きめのボリュームにするのを忘れずに。
地声が低かったり小さかったりする人は、目線を上げて声を遠くに届かせるイメージで挨拶すると、よく通る声が出せます。

 

印象の良い挨拶2.笑顔を忘れずに

初日は緊張してしまって、かたい表情のまま挨拶してしまうこともあるでしょう。
こわばった表情だと声も響かず、相手に良い印象を与えることはできません。緊張して表情がかたくなっていると感じたら、口角を少しあげて笑顔を意識してみましょう。
そうすることで緊張が和らぎ、肩の力も抜けていきます。笑顔になれば自然と声も明るくなるので、良い印象を残せます。
たとえスムーズに言葉が出てこなくても、笑顔であればそれも魅力的に映るでしょう。

 

印象の良い挨拶3.タイミングに気を付ける

会社によっては、みんなの前で自己紹介をする時間を取ってもらえない場合があります。
特に忙しい職場だと、全員の手を止めて時間を作るのは難しいでしょう。そうなると、出会った従業員にそれぞれ挨拶していくことになります。
しかし、相手が忙しく作業しているところに声をかけるのは、あまり良い印象を与えません。少し様子を見て、落ち着いたタイミングを見計らって挨拶をすることが重要です。
休憩時間や移動のときなど、相手が作業をしていないことを確認してから、改めて挨拶をしたり自己紹介をしたりするとよいですね。

一人リゾバは自分優先で動ける
緊張でいっぱいのリゾートバイト初日の挨拶は、どうしても表情がかたくなり声も小さくなりがちです。
そういう時こそ、思い切って笑顔で明るい挨拶をすることが大切です。
印象の良い挨拶は、今後の人間関係を円滑に築くきっかけにもなります。ハキハキとした明るい挨拶で、初日を乗り切りましょう。