バイト先で出会う年下の先輩……仲良く付き合っていくコツ

バイト先で出会う年下の先輩……仲良く付き合っていくコツ

リゾートバイトには、さまざまな年齢の人が応募し、働いています。
自分より年齢は下でもその職場では“先輩”というケースもあるでしょう。
その場合、どのような態度で接したらいいのか、敬語は使うべきなのか迷ってしまう方は多いかもしれませんね。
今回は、バイト先の年下の先輩と仲良く付き合っていくコツについてご紹介していきます。

 

年下でも先輩なので基本は敬語

相手が年下で親しみやすい雰囲気の場合、敬語で話すべきかどうか迷ってしまうことがあるでしょう。
たとえどんなに年の差があったとしても、先に勤めている人は先輩です。先輩に対しては敬語で話しましょう。
こちらの判断でいきなりため口になってしまうと、相手に良い印象を与えません。
また、敬語を使うことは社会人としての基本でもあります。
ここでは自分が後輩である、仕事を教えてもらっているという自覚を持ち、失礼のない態度と丁寧な言葉づかいを心がけましょう。

 

年下だからと張り合わない

似たような業種のバイトを経験したことのある人は、年下の先輩より業務について詳しいこともあるかもしれません。
自分が年上だというプライドが邪魔をして素直に従えず、年下の先輩よりもできるところをアピールしたくてつい張り合ってしまう人がいます。
しかし、いくら経験があってもその職場では自分が後輩であるということを忘れてはいけません。
意見がある場合は丁寧な口調で提案するようにするとよいでしょう。
自分のほうが知っている、という態度はトラブルの原因になりやすいので注意が必要です。

 

年下の先輩でも積極的に仕事を教えてもらう

年下の先輩とは付き合いにくいと感じて、自然と避けてしまうことがあります。
苦手だからとコミュニケーションを取らずにいると、お互いどんどんギクシャクしていってしまいます。
バイト先でのコミュニケーション不足は、ミスの原因になりやすいので早めに解消しましょう。
苦手な年下の先輩にも積極的に話しかけて仕事を教えてもらい、まじめに仕事に取り組むことが大切です。
あなたに対して「やる気があるまじめな人」という印象をもち、先輩が少しずつ心を開いてくれるかもしれません。
お互い協力して仕事ができるようになるのが理想的ですね。

一人リゾバは自分優先で動ける
バイト先にいる年下の先輩に対しては、接し方に困ってしまう場面も多いでしょう。
年齢差が大きいほど、素直に指示を受け入れられなかったり張り合ってしまったりしがちです。
年下の先輩とうまく付き合うのも仕事のうちと考えて、年齢にこだわることなく丁寧な態度を心がけましょう。