リゾートバイト用語「インストラクター」

 

リゾートバイトにおける「インストラクター」とは

 

リゾートバイトの中でもスポーツレジャーを手掛けている仕事には資格が必要なものが多くあります。例えば、ダイビングインストラクターの場合は、専門的な知識および技術が求められ、一方スキー場などでのリゾートバイトの中にはスキーインストラクターがあります。スキー場でのリゾートバイトは冬季限定ですが、インストラクターの仕事にはスキー教室などでの指導員が一般的です。スキー教室は小さなお子さんから大人まで、レベルに合わせて行われるものが多いです。ただし、全日本スキー連盟公認のスキー学校の場合は資格が必要です。インストラクターのリゾートバイトは、指導員としてだけではなく、レンタル器材の整備やメンテナンスなどの仕事も行う事になります。スキューバダイビング器材の中にはレギュレーターや水圧計など、命に係わるものもあるので重要な仕事になります。

 

「インストラクター」のお役立ち情報

 

資格の必要なリゾートバイトは、通常のお給料のほかに資格手当が別途支給され、普通のリゾートバイトにはない魅力を持ちます。スキーやスノーボードなどの場合は、12月頃から翌年の5月頃までがこのリゾートバイトの期間になりますが、スキューバーダイビングの場合は1年を通じて仕事のチャンスがあります。
スキューバーダイビングに関する仕事には、Cカードを初め、アドバンスランクやダイブマスターなどのレベルのダイビングライセンスを取得する人々に対し、海の中での安全管理についての指導を行うインストラクターや、体験ダイビングのようにダイビング知識がまったくない人々への指導を行う仕事もあります。
尚、インストラクターとしてのリゾートバイトは、訪れたお客さんを楽しませる事だけでなく、ケガや事故などが起こらないように指導する重要な仕事であると言えます。