リゾートバイト用語「研修」

リゾートバイトにおける「研修」とは

 

長期のリゾートバイトはもちろん、短期のものでも研修や、研修期間という言葉はよく聞きます。どんな職種やリゾートバイトでもそうですが、いわゆる見習い期間は必要です。仕事内容・働く上での注意点・その業界のルールやマナーなど学ぶべき事は多いです。リゾートバイトの場合は単純な作業も多いですが、知っておくべきことや客前に出る際の心構えは事前の準備が必要になります。
この期間は様々で、数十分で終わることもあれば何日かかけて行われる場合もあります。ある程度学んだらすぐ現場に出て、研修期間として働くことも多いです。この場合は先輩や指導者に手取り足取り教えてもらえるため、スムーズに職場に入ることができます。
リゾートバイトと一口に言っても、その働き方は一律ではありません。旅館やホテル・テーマパーク・スキー場など様々です。それぞれの職場で仕事の内容は大きく違ってくるため、学ぶための時間は必要になります。

 

「研修」のお役立ち情報

 

リゾートバイトを始める前に研修期間やその内容については事前に確認をしておくべきです。どんなことをするのかが分かっていれば、そこに向けた準備もできます。リゾートバイトとは言え、働く以上はプロとして振る舞うのが理想です。しっかりとした意識を持ってリゾートバイトに取り組むことで、自分自身の成長にもつながります。
リゾートバイトの研修に臨む上で必要なのは、学ぶための真摯な姿勢です。リゾート地を盛り上げたり、ゲストを気持ちよく迎えるためには細やかな配慮や前向きな取り組み方が必須です。多くのことを吸収して仕事に生かす気持ちがあれば、仕事の効率を上げることや、先輩やオーナーに可愛がられることにもつながります。
リゾートバイトでは長く一緒に過ごす時間があるので、職場の人間関係はとても大切です。素直に学ぶ姿勢を見せることで、早く効率的に人間関係を築きあげることができます。楽しく働くのはとても重要なことなので、研修期間をおろそかにはできません。