リゾートバイト用語「光熱費」

リゾートバイトにおける「光熱費」とは

 

リゾートバイトで働く時、職場から遠くに住んでいる場合は住み込みで働くことが多いです。住み込みになる場合には、ワンルームマンションなどを借りるより格安で寝泊まりすることができるため便利です。ただし、冷暖房完備の場合には、それに伴い光熱費がかかります。多くの場合、光熱費は自分で支払うのが基本になります。そのため、いくらリゾートバイトで借りているところとはいえ、電気をつけっぱなしにして部屋の外に出たりすると、後で予想外の請求が来てしまう可能性があります。
また、リゾートバイトの住み込みの部屋で料理をすると、購入するよりも安くなる分、光熱費がかかってしまうことも頭に入れておいたほうがよいでしょう。せっかく稼いだお金も、多くを光熱費に使ってしまうとわざわざ遠くまで来て働く意味がなくなってしまいます。リゾートバイトの賃貸を利用する場合には、自分の家と同じような感覚で無駄遣いをせず節約を心掛けるべきです。

 

「光熱費」のお役立ち情報

 

リゾートバイトで光熱費を減らすためには、リゾートバイトで借りている部屋を出るときに無駄な電気を使わないことに限りますが、エアコンを使った暖房や冷房の場合は、つけっぱなしの方が料金が安くなります。例えば、スキー場のリゾート該当する場合には、冬場は非常に寒いですのでエアコンが必須になります。エアコンは、一回スイッチを入れる時に50円ほどの料金がかかってしまうことはあまり知られていません。
リゾートバイトの仕事に行く時で部屋を数時間開ける場合は、電源を切った方がよいかもしれませんが、少し買い物に行くだけの場合で2,3時間以内に帰ってくる場合ならば、いちいち電源を切らない方が電気代の節約になります。暖房の場合は低い温度で設定しておけば、1時間あたりでも10円程度の負担にしかなりませんので、電源を切るよりも安くなります。リゾートバイトの住み込みの部屋にストーブの場合には、起動の時だけお金がかかるわけではありませんので、火災防止の観点からも切ってから外出しましょう。