リゾートバイト用語「給料日」

リゾートバイトにおける「給料日」とは

 

リゾートバイトにおける給料日とは、職種により様々ですが、日給又は月給で支払われる給料日を指します。日給の場合は勤務終了後に受けとるものが多く、月給の場合は一定の日までの1ヶ月分の給料をまとめて特定の日に支払われるものです。例えば、月末締めで翌月20日などに支払いとなるものが挙げられます。リゾートバイトはさまざまな業種のものがあり、派遣会社を通じて勤務する形態が多くなっています。傾向としては、フロアレディの仕事は日給のものが多く、旅館やホテルなどのスタッフの場合は月給で支払われるものが多いです。リゾートバイトは、住み込みで働くため、生活費が必要となりますが、家賃・光熱水費・食費を会社側が負担してくれるものも多くあります。そのためリゾートバイトで働く方は給料日まで持ち金が少なくても生活できるようになっており、月給制も可能な形態となっています。

 

「給料日」のお役立ち情報

 

多くのリゾートバイトでは月額の給料をまとめて給料日に振り込みます。リゾートバイトで働いた給料は、賃金から社会保険料や所得税を引かれて振り込まれます。厚生年金・健康保険・雇用保険といった社会保険料は2ヶ月以上働く場合は徴収されます。また、所得税も同時に引かれます。給料日には、これらを引いた額が一気に入りますので生活費がほとんどいらないリゾートバイトにとっては多くの給料を得られる機会となります。しかし、一方でリゾートバイトをしながらスポーツの練習をしたり、娯楽を楽しむ場合は経費の支出も多くなるでしょう。こういった場合に備えて、給料日前に前金制度を設定している会社もあります。働いた給料の一部を数日後に払ったり、一定額を前借りできるものもあります。派遣会社に制度についてよく確認のうえ、アルバイトをすると充実した日々が過ごせます。