リゾートバイト用語「ペンション」

リゾートバイトにおける「ペンション」とは

ペンションは民宿とホテルのちょうど中間に位置する宿泊施設で、洋風民宿とよばれることもあります。多くは個人経営・家族経営で、市街地よりもスキー場やビーチなどのリゾートエリアに多く見られる傾向があります。
建物はヨーロッパのアルプス地方や南仏のオシャレな民宿をイメージして建築されており、室内も木材が多用されるなど、自然の風合いを活かした凝った作りとなっているので、オシャレなリゾートバイトを探している人に高い人気を誇ります。
民宿との違いは、通年営業をしていることや副業ではなく専業として行われていることなどです。民宿の多くはリゾート客や観光客が増加する夏期・冬期など一部の期間しか営業していないこともありますが、こちらは通年営業しているのが一般的です。そのため、夏休みや冬休み期間中のリゾートバイトとしてだけでなく、年間を通じてバイトできる可能性もあります。
ちなみに、この言葉は和製英語で、英語の「pension」は年金を意味します。外国人のお客さんと接するときなどに、誤解されてしまうので注意しましょう。

 

「ペンション」のお役立ち情報

リゾートバイトとしてペンションでの仕事を選ぶメリットは、いろいろな業務を体験できる点にあります。客室の掃除や調理補助、受付業務から雑用まであらゆる業務を担当するため、将来ホテル業界や旅行業界への就職を希望する人にはピッタリのリゾートバイトです。同じくリゾートバイトの定番であるリゾートホテルやスキー場の仕事は、募集職種ごとに業務内容が決まっているので、基本的に毎日同じ業務だけを繰り返すことになります。リゾートバイトでいろいろな業務を経験してみたいなら、ペンションでの仕事にチャレンジしてみる価値はあるでしょう。
また、全国各地から訪れるお客さんと、直接触れ合う機会も多いです。家族的でフレンドリーな接客を特徴としているため、リゾートバイトにも明るい接客態度や会話スキルが求められます。他人とコミュニケーションをとるのが得意な人、お客さんの喜ぶ顔が見るのが好きな人などに向いているリゾートバイトと言えます。